口臭 病気

口臭対策@「息が臭い?」と思ったら読むサイト

自分の息が臭いかも?と思ったら口臭対策をチェック!口が臭い原因から改善法までおすすめをご紹介します。

口臭は病気のサイン?


口臭,病気

口臭がすると、病気のサインなのかもと心配になりますよね。口臭には、生理的口臭病的口臭というふたつの種類があります。

 

まず生理的口臭とは、飲食物や喫煙、歯の磨き残し、口内の乾燥などが原因による口臭のことを指します。

 

ほとんどの生理的口臭は、本人に自覚があります。なぜなら常時臭っているわけではないからです。臭いが気になったら、歯磨きやマウスウォッシュ等で解消できます。

 

病的口臭とは、名前の通りで体に何らかの病気があるときに発生するものと、イソ吉草酸という加齢臭と同じ成分が口内に発生してしまうものを指します。歯周病、虫歯、歯石といったトラブルを口腔内にかかえていると、雑菌を繁殖して臭いのもととなります。

 

また、鼻炎や蓄膿症といった疾患を抱えていると、鼻水や膿が鼻腔に溜まってしまい、細菌が繁殖して臭いを発します。このとき、大抵本人は鼻が詰まっているので、口で息をすることになりますから、臭いが口から出てきて口臭となってしまうのです。

 

ほかにも、胃潰瘍、肝炎、糖尿病といった内臓疾患を抱えていると、口臭の原因になります。アンモニア臭やイオウ臭がする場合は、内臓の病気による口臭の可能性が高いのです。また、お酒を飲んでいないのにアルコール臭がする場合も、内臓の病気の可能性が高いですよ。

 

口臭の原因は9割が口腔内に原因があると言われています。なので、まずは徹底的に原因を排除してみましょう。それでも臭い口臭が気になるなら、病気を疑った方がいいですね。

 

タグ :

口臭対策ガイド

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る